WordPress

【アプリで解決】GA4でスマホの自己アクセスを除外する方法

保坂陽平

スマホでの見やすさを確認するために、ブログのデザインをカスタマイズしたり、記事を投稿したりした時に、スマホで自分のブログを確認することはとても大切です。

しかし、その際の自分のアクセスデータがGoogleアナリティクスに反映されてしまうため、本当は誰にも見られていないのに、たくさんアクセスが来ているようなデータに見えてしまいます。

Googleアナリティクス4(GA4)では、IPアドレスの除外設定を行うことでPCからの自分のアクセスは除外することはできますが、スマホからの自己アクセスは除外することができません。

そのため、「スマホからの自分のアクセスを除外する方法」を調べてこの記事にたどり着いたかと思いますが、スマホのアプリを使うことで解決できます。

この記事では、GA4でスマホからの自己アクセスを除外できるアプリと、その使い方をご紹介します。

PCの除外設定はこちら
GA4のIP除外設定手順|自分のアクセスを除外する2つの方法
GA4のIP除外設定手順|自分のアクセスを除外する2つの方法

GA4でスマホからの自己アクセスを除外できるアプリ

【iPhone】AdGuard広告ブロッカー

iPhoneでは、「AdGuard」というアプリが有効です。

以前は「Adfilter」というアプリがあり、私も紹介しておりましたが、2022年12月7日現在では非公開になっているようで、いくら探しても見つけることができませんでした。

そこで、色んなアプリをインストールして試してみたところ、実際にGA4でスマホからの自己アクセスを除外できたのがAdGuardでした。

AdGuardの使い方については後ほど解説しますが、そんなに難しい設定はないので、早速インストールして使っていただければと思います。

【Android】Adblock広告ブロッカーブラウザ

Androidでは、「Adblock」というアプリが有効です。

こちらも実際に試してみたところ、自分でスマホからアクセスしても、GA4でカウントされることはありませんでした。

他のサイトを見ると「Sleipnir Mobile」というアプリがよく紹介されていますが、私が実際に試したところでは、スマホからの自己アクセスを除外することはできませんでした。

「Google アナリティクス オプトアウト」というエクステンションをインストールしてもダメで、1日待ってもダメだったので諦めました。

「どうしてもSleipnir Mobileを使いたい!」ということでなければ、Adblockを利用されるのがオススメです。

【iPhone】AdGuardの使い方

App Storeで「adguard」を検索し、インストールします。「AdGuard Pro」という有料アプリもありますが、無料版の方でOKです。
AdGuardを開いて、同意欄にチェックを入れて「次へ」をタップします。
AdGuardのイントロダクションが始まります。左上の「×」マークをタップするとスキップできます。
AdGuardの設定方法が表示されます。説明に従って、iPhoneの設定アプリを開きます。
「Safari」をタップします。
「機能拡張」をタップします。
6つの項目をすべて「ON」にします。
機能拡張の許可設定も忘れずにしておきましょう。これらの機能拡張を許可の「AdGuard」をタップします。
AdGuardを「ON」にします。
以上で設定完了です。Safariで自分のブログにアクセスしても、GA4でカウントされないようになります。

AdGuardを使用する時の注意点

AdGuardは、Safari以外のブラウザでは機能しません。

Google Chromeでは除外できませんのでご注意ください。

【Android】Adblockの使い方

Google Play ストアで「adblock」を検索し、こちらのアイコンのアプリをインストールします。似たようなアプリがたくさんありますのでご注意ください。
アプリを開くとこのようなメッセージが表示されます。「続行する」をタップします。
検索エンジンはもちろん「Google」です。「続行する」をタップします。
デフォルトのブラウザはGoogle Chromeのままにしておくのがオススメです。自分のブログを確認する時だけAdblockを使うようにしましょう。
使い方は通常のブラウザと同じで、検索キーワードやURLで見たいページを探し、アクセスします。
自分のブログを開くと、このようなメッセージが表示されました。「見る」をタップしてみます。
広告ブロックのレポートが表示されます。Googleアドセンスの広告がブロックされているようです。
このように広告が一つも表示されていません。Googleアナリティクスへのデータ送信もブロックされ、自分のアクセスがカウントされることはなくなりました。

Adblockを使用する時の注意点

Adblockの本来の目的は、広告なしで快適にインターネットを楽しむことです。

が、1日1回、Adblockを最初に開く時に広告を見ないといけません。

アプリの開発にはお金がかかるので仕方ないことではありますが、なんか微妙ですよね。

【結論】アプリを使ってまで除外する必要はない

このようにアプリを使うことで、GA4でスマホからの自己アクセスを除外することができます。

ただ、正直言ってめんどくさいですよね。

これだけ紹介しといてなんですが、私はどちらのアプリも使っていません。

最初はアクセスが少ないので、GA4のデータで自分のアクセスが目立ってしまいますが、アクセスが増えてくれば微々たるものです。

また、せめて1日100PVぐらいにならないと、GA4でアクセス解析をする意味もありません。

スマホからの自分のアクセスを除外するために、アプリを使ってまで面倒な作業を増やす必要はないかと思います。

早くアクセスを伸ばしたいなら、GA4のデータなど気にせず、ブログを書くことに集中しましょう♪

PCの除外設定はこちら
GA4のIP除外設定手順|自分のアクセスを除外する2つの方法
GA4のIP除外設定手順|自分のアクセスを除外する2つの方法
ヤンピン
ヤンピン
全日本SEO協会認定SEOコンサルタント/上級ウェブ解析士
Profile
横浜国立大学経済学部卒。大卒後は営業一筋のキャリアを歩むも、体調を崩してしまい退職。療養中にブログアフィリエイトを始め、最高月収250万円を達成。孫正義氏や堀江貴文氏を輩出した久留米附設出身。東大には行けず、鬱病にもなりましたが、ブログのおかげで生きてます。
プロフィールを読む
記事URLをコピーしました